ISO39001認証取得

日本運輸株式会社は、ISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)の認証を平成25年12月13日に取得いたしました。

ISO39001

JQA-RT0026
日本運輸株式会社
品質安全管理部
貨物運送事業の運行安全管理業務

関連事業所:
第三営業部 梱包センター営業所
貨物運送事業の運行及び運行管理業務

ISO39001は、交通事故の死者や重大な負傷者を減らすことを目的として平成24年10月に発行されたマネジメントシステムの国際規格です。

当社は、このシステムを取り入れ有効に運用することにより、道路交通安全に関するリスクの軽減を図り、企業としての社会的な使命を果たしたい一心で、平成25年度初頭よりプロジェクトを立ち上げ、さまざまな取組みを進めて参りました。

私どもは、今回の認証取得をもってゴールとするのではなく、常に安全最優先の精神を基本として、今後とも、道路交通安全の取組みを継続し強化することで、広く社会に貢献して参ります。

道路交通安全への取組み

当社は、平成25年7月に下記の通り「道路交通安全方針」を制定し、道路交通安全の確立・交通事故の撲滅に向け取り組んでおります。

道路交通安全方針

 日本運輸株式会社は、ニッコンホールディングスグループ行動指針【安全、品質理念】に基づき、「交通事故防止」を事業運営の最重要課題の一つとしています。持続的な交通安全活動を通じて、社会に与える影響に責任を持ち、取り巻く社会の信頼と期待に応え、社会の繁栄に貢献することを目指します。
 当社は人命を尊重して安全を最優先に、安全確保が社会的使命であると全従業員が認識し、道路交通安全リスクの軽減に向けて、積極的に取り組んでまいります。

  1. 輸送業務における道路交通安全目標を定め、これを達成するためにリスクを洗い出し分析することで効果的な安全重点施策を展開します。
  2. 道路交通安全の重要性を従業員一人ひとりが理解し、当事者意識を持って取組み、継続的に体制を整備し実効性のある仕組み及び手順を確立します。
  3. 道路交通安全に関係する法令、社内規程及びその他の要求事項を定期的に見直し遵守します。
  4. 絶えず時代の変化に適応した改善計画を策定し、実行、チェック、改善(PDCA)を確実に回し、道路交通安全に関係する安全性の維持向上に努めます。
  5. この道路交通安全方針をステークホルダーに対しHP等で広く開示し周知します。

2019年4月1日 代表取締役社長 黒岩慶太